ホーム > 企業情報 > トップメッセージ

トップメッセージ|一冨士フードサービス株式会社

未来の元気を創造する企業へ

一冨士フードサービス株式会社 代表取締役社長

1901年、大阪にひとつの大衆食堂が誕生しました。「一冨士」という名のその食堂は、当時としては珍しいほど清潔さと接客にこだわる「安心第一」の店でした。これが、私たち一冨士フードサービスの原点です。

いま、食を外部委託する「コントラクトフード」のマーケットは、同じメニューを大量に提供する時代から、食べる人それぞれに合わせた「個別対応」の時代へと移り変わっています。健康や食育が重要視され、食事の時間が「その日一番の楽しみ」となるようなサービスが希求されていると考えています。

一冨士フードサービスはこれまで、社員食堂に代表される産業食の分野で実績を積んでまいりました。産業食の分野では、おいしさ、品質、サービス、衛生など、全てに高いレベルが要求されます。今後は、この分野での豊富な経験を生かし、医療や福祉まで含めたあらゆる食シーンに対し、課題を解決するご提案を行い、「最高のサービス」をご提供する企業へと一歩を踏み出します。

これからの食に必要なのは「人」「つながり」「信頼」です。これをかなえるため、一世紀余りに亘って蓄えられた献立、衛生、食材調達などのノウハウを本社で一括管理し、全国各地の事業所で共有。それだけではなく、個別対応にとって最も重要な「思いやりを形にできる人材」を育てることで、料理づくりやサービスの第一線において、細やかな心配りを個々の社員が発揮できるよう精進してまいります。

お客様に期待以上のサービスをご提供し、食を通じて“未来の元気”を創造することが、当社の使命です。新しい時代に向け、心から楽しみ、元気になっていただけるフードサービスをめざします。

一冨士フードサービス株式会社 代表取締役社長
ページのトップへ