ホーム > ケーススタディ > [社員食堂] 住友生命保険相互会社 本社

稼働率300%の人気カフェテリア|住友生命保険相互会社 本社(大阪府)

お客様の声
一冨士ソリューション

明るい光彩がさしこむカラフルなカフェテリア。住友生命保険相互会社の本社ビルにある社員食堂は、昼時ともなると、女性社員が集まります。450席に対し、多いときは1,200人近くが利用。ヘルシーメニューがそろっており、健康に関心のある男性社員もよく利用しています。

住友生命保険相互会社 本社|社員食堂

女性に選ばれる食空間になっています。

楽しい昼食は労働意欲を高めてくれる

当社の本社ビルは、女性が多く、大半がデスクワークに携わっているため、昼食時が唯一の息抜きタイムです。私たちは、社員の生産性アップのために、昼食は重要だと考えています。カフェのような空間で同僚と楽しくランチを食べ、気分を一新して午後からの仕事に向かう。食堂はそうした役割を担うリラックスサロンと位置づけています。
一冨士フードサービスとは、本社ビルが竣工する前からのお付き合いですが、永年利用しているのにもかかわらず、食事がマンネリ化しないという長所がありました。そこで引き続き委託をしたところ、期待通り、女性社員に支持される食堂を運営してもらっています。第一に評価できるのは、出来立ての料理が出てくる点。社員食堂の中には、冷えた料理や作り置きを出すところもありますが、こちらの場合は、注文後にすばやく調理して出してくれるので、温かいものは温かく、冷たいものは冷たい。それがおいしさにつながっています。

住友生命保険相互会社 本社|社員食堂

選ぶのが楽しくなるアイテム数

第二に、ヘルシー対応の充実です。各メニューにはカロリーと塩分が大きく表示され、メタボを気にする社員はよく見ています。また、女性向けメニューとして開発していただいた「ミニミニ弁当」は、栄養バランスがとれていながら、カロリー、量、価格ともにコンパクト。すぐに完売する人気ぶりです。

毎日の献立も多彩。定食、アラカルト、小鉢、デザートに至るまでアイテム数が豊富なのには驚きます。季節限定のフェアでは、冷たい麺類、世界のカレーシリーズなどイベント的な要素もあり、社員に楽しみを提供してくれています。

住友生命保険相互会社 本社|社員食堂

ページのトップへ

一冨士ソリューション

施設概要/
業態:社員食堂
 
所在地:大阪府大阪市
 
一日平均食数:約800食
 
受託開始年:2003年

「ヘルシーにこだわりたい 」というニーズを実現

住友生命保険相互会社 本社|ケーススタディ|導入事例|社員食堂

心と体の健康につながる食堂を

働く人の健康問題は、いまや企業の生産性と密接に関わっています。そのため、体の健康管理に目を向ける企業が増えていますが、同社の場合は、もう一歩進み、カラダとココロの両方を健やかにしたいとお考えでした。また、女性が多いことから、女性に気に入っていただける食堂が必要とされていました。

お客様のご要望

少量多品種をめざしてメニューを構成

「いろいろなものを少しずつ食べたい」というニーズを満たすため、定食に加え、アラカルトメニューや小鉢を充実。カロリーを550Kcalに抑えたオリジナルのミニミニ弁当、食品メーカーとの健康コラボ企画など、ヘルシーさとおいしさを兼ね備えたメニューを次々とご提案しました。

一日800食を超すような社員食堂ではなかなか難しい「出来立ての提供」にもチャレンジ。食堂利用者の入り状況を見ながら、食べる寸前に調理するオペレーションに工夫を重ねています。また、メニューを選ぶカウンターと、食器の回収ブースとを完全分離する動線が、衛生を保ちながらスムーズな人の流れを作っています。

ご提案・対応

健康満足度アップに弾み

多くの社員様が利用する人気食堂であるため、食堂を通じた健康増進に取り組みやすい環境が出来上がっています。同社はいま、カラダ(Body)とココロ(Mental)の両方(W)を健やかにする「BMWアップ運動」を展開。食事と連動したヘルシー企画を実現し、健康な社員を増やすことで、企業としてのブランド力を高めたいと意欲的です。

ソリューション効果

一冨士ソリューションスペシャリスト

支社 運営管理/スーパーバイザー「食べやすい価格を設定」

社員食堂の場合、リーズナブルさが満足度の大きな要素となります。定食は、500円を切る価格帯をめざし、本社の調達食材を活用してコストを調整しています。それ以外に、特別に価格を抑えたメニューをあえて設定し、限られた費用でおいしいものを作ることに挑戦。それが調理スタッフの育成に役立っています。

一冨士フードソリューションシステム

事業所 責任者/事業所マネジャー|「待っても食べたい」と思える食事を

レストランであつあつの食事が出るように、この社員食堂でも出来立てをお出ししています。調理の間、利用者様には2〜3分待っていただくことになりますが、待ってでも食べたいと思っていただける食をご提供できるよう、スタッフと協力して献立や技術を磨いています。

事業所 献立作成/事業所 管理栄養士|喜んでいただくためメニューは多めに

他の社員食堂に比べて、アイテム数はかなり多い方だと思います。その分、調理の段取りや作業効率を上げなければなりませんが、メニューはたくさんあるほうが利用者様には喜んでいただけますから、献立はできるだけバラエティ豊かにしています。

本社 食品管理/商品物流部|厳しいチェックを通過した食材を安定供給

基本的に本社で調達する食材を使っていただいています。一日に約34万食の食事を安全なものにするため、食材の段階から衛生チェックを行うのが私の役目。取引先に伺って衛生管理や産地情報が適切かどうかを検証し、安心して召し上がっていただけるベースづくりをしています。

女性に喜ばれるメニューを取りそろえ、選ぶ楽しさを実現しました。

Solution photo gallery
節電協力で電気の使用量をカット

社員食堂|一冨士フードサービス株式会社

カウンターで注文があったあとに調理。効率よりおいしさを優先しています。

社員食堂|一冨士フードサービス株式会社

小鉢だけで十数種類あります。盛り付けもきれいに。

社員食堂|一冨士フードサービス株式会社

盛り付けにこだわったメニューも。見た目の楽しさを味わっていただいています。

社員食堂|一冨士フードサービス株式会社

食堂は毎日のように満員。空席待ちが出ることもあります。

社員食堂|一冨士フードサービス株式会社

サンプルメニューには、カロリーや塩分表示もしています。

社員食堂|一冨士フードサービス株式会社

電子マネー精算システムを導入。利用者様をお待たせしません。

一冨士フードソリューションシステム
ページのトップへ